上海劇の歴史

 この頃、横浜の民間演劇団体「横浜夢座」の活動に携わっていただき、地域の劇に興味を持ちました。今回は、自分の故郷である上海の劇(通称上海オペラ)を紹介したいと思います。


 上海劇は、清の時代1736-1795年頃の、太鼓で伴奏する歌舞から生まれたものである。1821-1850年上海の「滩簧」が形成され、後に上海劇と呼ばれるようになった。昔は男性の役者二人のみ出演し、一人が女形を演じていた。


 20世紀30〜40年代、現代劇と映画の影響を受け、人物の個性を大胆に表現し、時事や映画内容を取り入れる事により大成功を収めた。当時、劇に登場する人物は、チャイナー服と西洋服装両方着ていたため、「洋装チャイナドレス劇」とも呼ばれたらしい。


 中国建国後、パリで映画「蝶々夫人」上海劇版を披露するなど、上海劇は国際文化交流の一環としても大きな役割を果たした。その他、映画「哀愁」、「風と共に去りぬ」、「ロミオ&ジュリエット」を上海劇に改編し、当時主要なエンターテイメントとなった。劇に使われた音楽も、西洋音楽の楽器や要素を取り入れ、序曲・幕間劇・全体を貫くテーマソングが形成された。

 

 しかし、70年代、文化大革命と共に、上海劇の発展が途絶えてしまった。文化大革命後、上海劇がある程度復活したが、改革開放政策により大量な文化が一気中国に流れ込み、地域劇に対する興味がしだいに薄らいできた。

 

 現在、数十個の団体がわずか三つしか残さず、演出市場の縮小、観客の減少、運営スタッフの低収入、文化認知度の断層など、様々深刻な問題に直面している。2006年、上海劇は国家無形文化遺産に登録され、文化の保護と復興に力を入れ始めたが、まだまだ消失していく可能性がある。

 

 上海だけではなく、地域のアイデンティティを代表するような劇は、今後どう発展・継承していくのか、大事な課題だと感じている。民族性、地域の個性があるから、国際化やグローバル化の意味があるのではないのでしょうか。