中国ポップカルチャー

40年前の中国ポップスを振り返って

今年は日中国交正常化40周年、今まで築いてきた友好関係を維持し、交流を深める記念すべき年なのですが、色々な問題で両国関係が緊迫している。40年前に、両国が手を結んだ年、中国でどんな音楽があったのであろう。中国大陸、台湾、香港に分けてみてみたいと思う。


以前に書いた『文化大革命時期の音楽』で一度触れたことがあるが、1966年から1976年の十年間中国で「文化大革命」が起き、中国大陸の音楽が規制されていた。文化大革命の半ば、地方を援助するために故郷を離れた若者を思い、哀愁の漂う歌曲がたくさん作られていた。1972年国交正常化の年では、日中の間で音楽における交流はほとんどなかったが、1978年、改革開放政策の開始と共に、日中の音楽交流が一気に盛んできた。


その頃、台湾でどんな音楽が流行っていたのだろう。1971年の国際連合総会で「国府追放、北京政府招請」案が可決され、「中華民国」が国連から除名された。除名されたことによって、「台湾」として国際社会における地位ががた落ちになり、一連の国交断絶に繋がった。それをきっかけに、台湾住民は再び自分の文化や音楽に注目するようになり、洋楽志向だった台湾音楽は本土の作品に移り変わっていた。70年代の後半、キャンパスフォークという新しいジャンルが作り上げられ、中国大陸でもフォークソング熱が巻き起こされた。


香港では、50年代から急速な経済発展を遂げ、20年間の発展を経て世界的金融中心となった。国際交流が増えるにつれ、香港の音楽業界においても交流が盛んで、70年代には国際的な音楽都市になりつつあった。また、海外音楽との交流だけではなく、広東語のドラマや映画の影響を受け、広東語歌曲が注目されるようになった。中国大陸の人々も香港の歌に高い関心を持ち、街中で口ずさんでいる人が多かったそうだ。従って、広東語は話せないが、広東語の歌は歌えるという現象が起きた。何年前に、日本語は話せないけど、ガンダムの曲は歌える私と同じだ。


日中国交40周年とあまり関係のない話しをしましたが、改めて音楽は国情や時代の流れと共に発展していると感じた。『音楽は国境が無い』、『音楽は世界共通の言葉』、そして音楽と平和は良く一つのテーマとして出てきます。しかし、国と国の関係で、どうしても文化・音楽の交流に影響を与えてしまう。様々な事情で音楽イベントをキャンセルせざるを得ない。(一員の音楽愛好家として「そんな事ゼッタイいや〜!」です)


たまたま、日本の歌を歌う外国人を紹介するようなテレビ番組表を見て思ったのは、日本人で中国のポップスが上手に歌う人がたくさんいて、中国でも日本の歌が大好きで上手に歌う人がたくさんいる。そのような記事がまったく報道されなく、民間感情を爆発させるようなニュースしか世の中に流れていないのは本当に残念。一刻も早く日中の友好が回復することを願っている。

 

 


 

年越しカウントダウン〜春节联欢晚会〜

春节联欢晚会」略称「春晚」)は、中国中央テレビ局CCTVが毎年の春節に行う年越しカウントダウンイベントで、日本での「紅白歌合戦」に相当し、中国で最も注目されている番組の一つである。


2012年4月、「春晩」が「世界で最も視聴者が多い番組」と認定され、ギネス世界記録に登録された。春節にまつわる番組が増えている中、なぜ「春晩」は不変な存在であり続けることができるのだろう。

 

1983年、中国改革政策が実施されてから4年、第一回「春晚」の幕が開いた。20世紀90年代に急成長し、中央テレビ局CCTVの各チャンネルをはじめ、中国全土のテレビネットワークで放送されるようになった。

 

インターネットの普及により、CNTV(China network television)PPLIVEといったネットテレビが続々開設され、海外にいる人も簡単に視聴できる。「春晩」を見る事で、国を離れても、中国でどんなポップカルチャーが注目されているのか大体知る事ができる。なので、私も毎年、欠かさずパソコンの前で中継を見ている。

 

人々の生活水準が上がることに連れ、「春晩」は文化の宴のような番組だけではなく、中国の社会実情やポップカルチャーを反映する存在でもある。

日本の「紅白歌合戦」と違い、「春晩」は歌だけではなく、民族音楽とダンス、マジックショー、漫才落語など、全国から集めたレベルの高い作品が一遍に楽しめる番組である。漫才やコントに出てくる面白い言葉が、流行語になった事もしばしばある。まさにアーティストたちが、時代を引っ張って行くように感じている。


いつの間に、旧暦の大晦日に家族全員揃って、晩餐を食べながら「春晩」を見るのが中国人の習慣となっていた。番組のプログラムの構成や出演者は、各世代が興味を持っている分野のバランスを考え、創造性を重視するように制作されているそうだ。このような工夫があるからこそ、何億人もの視聴者も獲得でき、5時間も及ぶテレビ番組を見続ける事ができたと思う。


日付の変わり目に近づき、新年を迎えための爆竹や花火の音があちこち響きわたり始めます。新年へのわくわく感と一晩中鳴り続ける爆竹の音で不眠な夜となるのでしょう。

 


 

中国ポップス大賞〜全球C-pop音楽大賞〜

 先週金曜日、4月13日、マカオのヴェネーチア商人ホテルで「全球华语音乐榜中榜が開催されました。前にもちょっと紹介したことあるのですが、「全球华语音乐榜中榜は中国主要な音楽大賞です。音楽業界では「東方グラミー」とも呼ばれています。日本のレコード大賞と同じように、アメリカのグラミーからヒントを得て、設けられた音楽大賞です。


 この大賞は、1994年に音楽番組Channel[V]によって設立され、1998年から中国全国に放送し、年に一度開催されます。毎年違う都市で授賞式を行い、今まで北京、上海、成都、香港、台湾などの都市で開催されました。中国以外、シンガポールやマレーシアなど中国語の通じる地域でも、授賞式の様子が中継で放送されています。

 

 主要な項目は、最優秀歌手、人気歌手、功労賞、作曲賞、新人賞、最優秀バンドなど日本のレコード大賞と同じような音楽大賞を中心としています。近年、音楽だけではなく、ドラマや映画、ファッションに関わる項目も設けられ、より多角化にエンターテイメントに注目するようになってきたと感じています。

 

 また、その年で話題となった出来事に合わせ特別な賞が設けられ、2009年では着うた賞、2010年では著作権保護賞、様々な災害があった2011年では慈善賞などあげられます。今年、ちょっと一風変わった項目は「魅力の星」だと思います。受賞したのは、中国少数民族出身で、日本で活躍している歌手Alanです。このような、国境を超えて活動する歌手は、これからもっと注目されるのでしょう。

 

 海外で活躍する中国本土の歌手はもちろん、文化の政策が緩和されることによって、海外の歌手を対象とする賞も注目されるようになりました。第15回では「最も影響のある韓国人歌手」、今年の第16回では「最も人気日本人歌手」、「最も影響力のある韓国流行芸能人」といった項目がありました。中国語圏を受賞対象とするイベントにとって、このような動きは音楽業界グローバル化への飛躍的な一歩だと思います。

 

 第16回では「最も人気日本人歌手」では、倉木麻衣、山下智久、浜崎あゆみ、倖田來未四人がノミネートされ、倉木麻衣が受賞されました。倉木麻衣さんはなぜ中国で人気があるのかというと、恐らくアニメ「コナン」の主題曲を歌ったと思われます。「コナン」や「スラムダンク」など中国語に訳され、放送されていますが、主題歌やエンディングソングは日本語のままなので、100話近くも見れば、ストーリの内容と一緒に歌と歌手も好きになりますよね。(*個人ガンダム推測*)

 

 「全球华语音乐榜中榜」の主催者は記者会見で、授賞式を一年に一度に開催する形から「年度ランキング+四半期ランキング+周ランキング」という形式に変わると発表しました。「四半期ランキング」について、例として春は公益のエール、夏は映画作品、秋は新人発掘するためにオリジナル作品、冬は心を温めるラブソングを中心とし、季節に合わせたテーマで行う予定です。中国を離れてからしばらく見ていなかった番組だが、これからの授賞式が楽しみです。

 

 

中国における日本ポップカルチャーの受容

 20世紀80年代、洋楽の振興と日本アイドルは中国で注目されるようになりました。1989年中国の都市をはじめ、日本のカラオケを導入しました。歌詞の意味が分からないにもかかわらず、日本のポピュラー音楽は中国若者に親しまれていました。

 

 山口百恵をはじめに日本の映画やドラマなど中国で絶大な人気を得ました。そして、西城秀樹が香港音楽祭でYMCAを熱唱したことで、日本歌手への注目が更に高まりました。

 

 日本のポップスの影響を受け、「哈日族」が生まれました。哈日族は、日本の流行文化に関心がある若い世代を指します。元々台湾方言の語彙であるが、近年では中国語文化圏で通用します。ちなみに韓国の流行文化を指す場合、「哈韓族」と言います。(次は何族が出てくるんだろう)

 

 中国の若者に最も影響を与えたのは、アニメとも言えるのでしょう。80年代から日本ドラマで話題となったドラマ主題曲以外、「スラムダンク」や「名探偵コナン」のような話題な日本アニメの放送によって、アニメソングのファンも急激に増えました。(個人情報:ガンダムが好き)。近年では、アニメ祭と同時にアニメソングコンサートも開催されています。

 

 国の政策で一部の放送は制約されていますが、インターネットの普及により、日本ポップカルチャーは変わらず中国の若者に注目されています。日本の歌手は、中国での活動が多くないため、ファンたち自らファンクラブを立ち上げ、好きな芸能人や歌手の情報交換をしているのが現状です。

 

 今年、日中国交正常化40周年となりました。日本のドラマやアニメが再び中国で放送されるそうです。今後、ポップカルチャーはますます文化交流で重要な役割を果たすではないのでしょうか。

 

 

チャイナポップス

 近年では、「宮調式」の旋律で書かれるポップスの曲が多く見られます。また、音楽の編成で中国の伝統楽器を使ったり、京劇の歌い方を取り入れたり、中国の伝説や古詩を題材にするポップスも高い人気を得ています。


 宮調式は、中国民族五音調式の一つです。五音調式を構成する五つの音は「宮」→Do、「商」→Re、「角」→Mi、「徴」→Sol、「羽」→la と呼ばれます。それぞれの音で始まる音階は五声調式と呼ばれます。宮調式は「宮」を主音とする調式です。

 

 民族音楽をR&Bやロックに取り入れたことで、忘れ去れている伝統音楽の保護に繋がるかもしれません。世界のポップスがどんどん統一化されている中、このような自国の文化を取り入れる作品が面白く感じます。では、実際にいくつかの曲を取り入れて紹介したいと思います。

 

 

☆ 一曲目はJay Chouの『髪如雪』です。

 この曲は、唐の詩人李白が書いた『将進酒』の『君不见,高堂明镜悲白发,朝如青丝暮成雪』をヒントにタイトルを決めただそうです。うまく訳せないが、朝から暮までの移り変わりを人生に例え、時間が過ぎて行く早さに感嘆するという意味だとおもいます。良い解釈があったら是非教えてください。

 

 

☆ 二曲目は王力宏の『花田錯』です。

『花田錯』は中国四代名著『水浒传』中の1シーンです。花田祭りと呼ばれる、男性が女性を強奪してきて妻にするという婚姻風俗で起きた喜劇です。

この曲も宮調式で作られ、京劇のバックミュージックを使用しています。MVでは、実際に京劇の場面も出てきて、現実と物語のコラボでチャイナファンタシーが感じられます。

 

☆ 三曲目は陶喆の『Sunsan』です。

この曲は、京劇の『蘇三起解』をR&B風にアレンジした曲です。


 『蘇三起解』は恋人の冤罪を訴える法廷でのシーンです。王尚書が蘇三という遊女と恋に落ち、共白髪まで添い遂げると誓った。しかし、王は蘇三に会うために、遊女屋でお金を使い尽くし地元南京へ戻る。その後、蘇三は商人の妾として売られたが、商人の妻が商人を毒殺し、その罪を蘇三になすり付ける。罰を下る法廷で、王は再び蘇三のために登場する・・・

 

 歌手喆の父は京劇の芸人だったため、アメリカで生活していたが中国の文化に影響されていたらしいです。海外にいると、もっとアイデンティティを行かせる方法が気付くかもしれないですね。

 

 

 このような中華風ポップスはまだまだたくさんあります。日本も三味線をポップスに取り入れる曲があります。その地域の文化で生み出す音楽を、もっと伝統を大事にしないといけないなと思いました。

 


『雑談コーナー』

 五音音階の歴史について、それについて色々な説がありますが、特にびっくりした記事を見ました。1987年、中国河南省舞陽県の賈湖という村で、古代の笛を発掘されました。炭素14(注:放射性炭素年代測定)で測定した所、これらの笛は8000〜9000年ほどの歴史がある事がわかりました。

 発掘された笛は、鶴類の骨で作られ、7つの穴があり、音の位置を表示する記号なども分かるように記されています。その頃から、五音階がすでに存在していた。」という説です。中国の文明は五千年と言われてきましたが、一体何年の文明を有しているのだろうか。

 

 

香港系と台湾系音楽の違い

 中国最近どんな音楽が流行っているの?とよく聞かれますが、自分が聞いていた音楽を思い出してみると、香港系と台湾系に分かれています。


 香港系と台湾系はなに?と思う方もいると思うので、20世紀50年代以降、香港と台湾における音楽制作の発展について紹介したいと思います。


 1949年中国が成立し、政治の変動によって、多くの音楽家たちが中国大陸から台湾や香港へ移住しました。音楽家たちは台湾で芸術学校を設立し、音楽家の育成に力を入れました。早期の台湾大衆音楽は、それらの芸術学校の学生によって作らました。特徴としては、「闽南」音調(福建省あたりの方言)と台湾原住民の音階を取り入れ、賛美歌など欧米の音楽形式を参考に作られました。


 民族的な要素以外、台湾音楽は日本の大衆音楽に影響されていました。それは、台湾が日本に統治された時期があって、日本式教育を受けた人が多かったからと思います。近年では、日本のアニメをドラマ化したり、台湾の歌手が日本でデビューしたり、台湾のポップスカルチャーはかなり日本に近いとも言えます。

 

 一方、香港は2007年中国へ返還するまで、150年間イギリスの殖民地でした。その間、イギリス式音楽教育が小学生のカリキュラムーに導入されるなど、政府が本格的に音楽教育のプランを立てました。その結果、香港が中国の音楽中心地となった(なんかK-popの世界進出と一緒だなw)。

 

 台湾と同じように、中国大陸から香港へ移住してきた音楽家たちが、比較的国際化された香港で活動を続けました。台湾と違って、香港の音楽は日本の影響が少なく、キリスト教と資本主義経済的な影響が大きかったです。80年代以降では、東南アジアを中心にマーケットを拡大し、世界各国との音楽交流を頻繁に行うようになりました。

 

 最近、香港の歌手が日本での活動も増えてきたけど、あまり日本で長く活動している人がいない気がします。韓国の歌手みたいに、日本語を一生懸命マスターし、「日本でヒットするんだ!」という意志が弱いかもしれません。香港の人はわりと英語上手な人が多く、もっと共通言語を使って交流を増やせるといいですね。

 

 現在の中国では、香港と台湾の歌手が大活躍していますが、中国大陸の音楽水準も上昇しつつあります。インターネットの普及や、テレビオーディションによって、才能のある若者がどんどん力を発揮しています。これから、どんな音楽が世の中でヒットするのだろう。

 

 

 

参考文献:『中国現代音楽史綱1949~2000』

 

中国主な音楽大賞

現在、中国では音楽はあらゆる分野で広く親しまれ、

音楽を強く牽引する中国の主な音楽大賞は以下の通りです。

 

 CCTV-MTV音乐盛典

  • 1999年北京で開かれた
  • 中国中央テレビ局と音楽番組MTVが連携して、国内外に大きな影響を与える

 

 音乐风云榜 Top Chinese Music Awards

  • 民間エンタテインメントグループ(Enlight Group)が運営している音楽番組
  • 年一回ファンからの投票で大賞を決める
  • 大賞は人気歌手とベストシンガーに分ける。十周年では、十年間で最も影響力を持つアーティスト賞も設けられた。

 

 Channel V

  • 国際的音楽番組、東南アジアでも放送されている

 

 东方风云榜

  • Shanghai Media&Entertainment Group の音楽番組
  • 1993年に設立され、中国最初の音楽ランキング設けた
  • アーティスト発掘に優れている